アクアアスリートって何??

アクアアスリート&パーソナルスイムコーチ 平野 修也 Official Blog

浅草今半と人形町今半

こんにちは!
アクアアスリートの平野修也です。

本日のランチは浅草今半ですき焼きをいただきました。

みなさんは〝今半〟と言えば
浅草と人形町、どちらを思い浮かべますか?


本日は今半をベースに
そう言えば確かに!と思うお店のルーツと理由を簡単に話します!

今半

冒頭にも書きました
浅草今半と人形町今半。

1985年、本所区吾妻橋で創業した牛鍋屋。
のちに浅草に移転し、今半として開店。

1952年、浅草今半日本橋支店として開業。
その後、先代が兄弟に継がせる為に一緒にやるのはやりにくいとのことで
1956年に浅草今半、人形町今半へ別れ、
長男は浅草今半を、次男人形町今半を継ぎ現在に至る。


和菓子 うさぎや

東京三大どら焼きの1つである〝うさぎや

社会人になりたての頃、
日本橋に住んでいた時期があり、職場の先輩に教えてもらったのが
日本橋 うさぎや〟でした。

さらに話を聞くと上野店もあるとのことで、調べてみたら…
阿佐ヶ谷にもうさぎやがありました。

元々は、上野でロウソク屋を営んでいたが、
電気の普及によりロウソクの売れ行きが悪くなり、食べてなくなるものなら続けられる!
そんな理由から1913年に創業した和菓子屋

初代の息子が開業したのが 日本橋 うさぎや
そして、初代の娘が開業したのが 阿佐ヶ谷 うさぎや

3店は親戚同士のようなお店でありますが、
暖簾分けではなく、それぞれが独立した店舗だそうです!

和菓子好きなら一度はご賞味あれ!!


王将

王将といえば餃子。
餃子の王将大阪王将と同じ王将だけど暖簾分け?

1967年 京都を拠点に創業した餃子の王将
創業者の親族が暖簾分けという形で1969年に大阪を拠点とした大阪王将を創業。
当時は大阪王将餃子の王将を名乗っていた。

大阪王将はチェーン展開をし、本家の京都エリアにも店舗拡大を図り
それが本家の逆鱗に触れ裁判沙汰に…
和解をする際に、餃子の王将 大阪王将 と店舗名を分けることで決着がついたようです。



名前がよく通っている老舗。
同じ名前や似ている名前…暖簾分けなのかな?
程度に思っていた方も多いかと思います。

有名な3店なので、既に知っている方もいらっしゃるかと思いますが、
世の中には意外とこのような感じのお店があるんですよね。

ぜひ、疑問に思ったら調べてみましょう!


No fun , No gain !!